微生物から生活者までを考える

 

私が子どもの頃は、農業が村のなかで機能していた時代でした。
農業=作物を育てるだけではなく、鍬をひとつ動かす動きが芸能になったり、
ゆいまーる(助け合い)というコミュニティが生まれました。
農業を中心にして村がまとまっていました。
私たちが理念として掲げている「美しい村づくり」とは、何も景色だけのことではありません。
農業は一人でできるものではなく、周囲と関わりながらやっていくもの。
作物も、人も、他者との関係性のなかでのみ育つことができるのです。

PAGE TOP