沖縄テレビのニュースでみやぎ農園の6次産業化が取り上げられました

6次産業化

2015年10月に地元沖縄のテレビ局である沖縄テレビから、弊社の6次産業化についての取材を受けました。

養鶏から始まった弊農園は、販売することができない傷物の卵を無駄にしないように活用しようとマヨネーズを作り始めました。それが15年ほど前のことです。数々の改良を重ね、現在の生産体制とレシピになりました。15年ほど前といえば、まだ「6次産業」などという言葉はありませんでした。ただただ養鶏農家として、卵を無駄にしたくない取り組みが、15年の歳月を経て、このような見方で弊農園の活動を取り上げてくれるのかと、時代の流れの怖さと同時にこのような時代に向かい合っていかなければならないのだと、気持ちが引き締まる思いでもあります。

現在では、30余年の養鶏技術が国外で活用してもらえるようになり、生産物のみならず、私たちの経験に価値を見出していただけるようにもなっています。

今後も一養鶏農家として日々、よりよい卵を産んでもらうように、鶏たちの面倒を見ることを基本とし、彼らの卵をより活用した商品の開発、そして技術という情報、それら弊農園から活用できるものを外の世界に提供していけたらと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

みやぎ農園

沖縄県の6次産業施策のためのヒアリングが弊農園で行われました。