微生物の力を借りて鶏を平飼いしています

みやぎ農園(株)みやぎ農園 代表取締役 宮城盛彦

飼料の配合を鶏自身にまかせ、
毎日トラックいっぱいの青草やハーブ、
コーラルをたっぷり含んだ湧き水を。
鶏フンを堆肥化させている鶏舎の床は
森の腐葉土のようになっています。
この環境のなかで、臭みがなく、
生でも安心して食べられる
健康卵が産まれます。

薬漬けで死にかけたヒナがむくむくと立ち上がった

みやぎ農園

1980年に兄と養鶏をはじめました。ところが、2万5千羽のヒナを導入するやいなや、1日に100羽、200羽とヒナが死んでいったのです。
検査をして出てきたのが大腸菌と黄色ブドウ球菌。
当時、大学を卒業したばかりで、菌は薬でやっつけるという考えしかなく、消毒薬は1日2回。抗生剤を1週間与えつづけると、ヒナの死はぴたっと止まりました。
でも、3年ほどすると薬は効かなくなり、次の薬も3年、その次の新薬は1年しかもちませんでした。
抗生剤で血中濃度を上げ、菌を抑えることはできても、ヒナは血色がなくなりどんどん弱っていきました。

貧血になっていたり、からだが腐りはじめているようなヒナが、また100羽、200羽と出てきて、処理も追いつかず、バナナ畑に放置する状態になりました。

そんなある日、ケージのなかで半日ももたなかったヒナが畑では死なないでいることに気づきました。
エサも薬も与えず、消毒もしないのに、むくむくと立ち上がってきて、元気になっているのです。

鶏が食べるものは、鶏に任せる

みやぎ農園

バナナ畑に放置していたヒナは何を食べていたのかと興味が沸いて、死体を解剖すると、からだのなかには土や草、枯れ葉だけ。つまり濃厚な良いエサといわれているものは全く入っていませんでした。

それで単純にその環境を鶏舎の中に持ちこんだのが、今のエサづくりのはじまりです。

まず山の枯れ葉や腐葉土をエサに混ぜてみると、鶏はよく食べるし、体調がよくなりました。
知人からアワビ茸の菌床(抗生剤や添加剤など人工的なものが入っていると茸は生えない)をもらって、粉砕して鶏にあげるとさらに体調がよくなりました。

それなら飼料の配合は鶏に任せようというエサづくりがはじまり、5年をかけて現在(とうもろこし、ヨモギ粉末、海藻粉末、木酢液、牡蠣殻、山土を配合し、有用微生物ぼかしを加えたオリジナル配合)に至ります。

菌糸体は繊維が強いので、繊維を分解する菌はないかと調べ、いくつかの微生物資材を経て出合ったのが、乳酸菌と酵母、光合成細菌の3つをブレンドした有用微生物です。
シンプルに、安全に、どこででも、発酵飼料をつくることができます。

発酵飼料やトラックいっぱいの青草を毎日あげるのに、平飼いにして鶏が自由に食べられるようにしました。
エサ箱を見ると、何を食べるか食べないかが一目瞭然でわかるからです。

みやぎ農園

鶏舎の床は、森の腐葉土のよう

みやぎ農園

みやぎ農園

鶏舎内では、微生物資材を用いて、木くずや鶏の食べ残しとともに、鶏フンを堆肥化させています。
それが、50cm以上のふわふわと柔らかい森の腐葉土のような「床」となって、湿度や温度を調節したり、鶏の腸環境を整える発酵食品(人間でいうとヨーグルトや納豆のようなもの)になっています。
この「床」は20年余り変えずとも、完全に循環していて、匂いもなく、もちろん抗生物質や消毒薬を用いることはありません。
健やかな鶏たちは、臭みがなく、自然な黄身の色の、生でも安心して食べられる健康卵を、日々産んでくれます。

みやぎ農園

鶏の数はどんどん減らす

みやぎ農園

全国的に言うと、10万、20万羽…200万羽というところもあるというのが今の養鶏のスケールで、みやぎ農園はたった8千羽という次元です。

でも、規模を拡大していく発想はありません。

規模拡大というのは、コストダウンのため。1人で何羽飼えるかという発想です。
でもコストを落とす「技術」は共有物なので、いずれ皆コストダウンに到達します。

一方、安心とおいしさは、勝負の世界で、コストダウンとは違う次元です。
安心でおいしいと思う人たちとのシェアを私たちがしっかり見失わないようにしたいと考えています。

また、昔の養鶏では、廃鶏は家族のタンパク源であり、近隣の農家にも分けることで養鶏所は地域と関わりました。
今は一部の鶏文化の地域以外では、廃鶏は処理費用を払って処理するものになっています。
鶏フンも同様。
それなら鶏の数はどんどん減らしましょうという考えです。
廃鶏を食べ、鶏フンは良質の堆肥にして畑に還元して作物をつくります。

みやぎ農園

PAGE TOP